住まいについて、お客様と話をしていると男性のほとんどは『家は安らぎの場。仕事から帰っったら家でのんびりしたい』と考える一方で、女性は『主婦として家事や育児をする場』という意識が多くみられます。

そう考えると、私たちは大工として「安全で快適な家」をご提供するのはもちろん、家事・育児などの負担を軽くするために「効率性」も重視したご提案をしないといけません。

巷では収納や片付けという言葉が、雑誌や書籍で目にする機会が多いと思います。

皆さんの中にも一度は読んでみたり、収納家具やグッズを購入し参考にしてみたことはあるのではないでしょうか?

そうなんです。きれいにして住みたい!!永遠の悩みです。家を新築したりリフォームしたら当たり前ですが今度こそ何とか自分で片づけてきれいに住みたいと、考える訳です。

しかし、気づかぬうちにあっという間に散らかってしまう・・・( ;∀;)

なぜなら、どこに何を置いたら必要な時にすぐに取り出せるのか、最適な場所(指定席)を決めず、やみくもにモノを収めているから。

これらを繰り返すと、片づけても片付けても散らかりが散らかりを呼び、部屋をきれいにする意欲が家族中から薄らいでしまいがちです(;´д`)

収納は広ければよいというものではありません。そこに暮らす人の生活動線に合わせた配置と収納の仕組みを考えます。

ぜひ、今の住まいの散らかりのストレスや悩みをひとつでも多く書き出してみてください。小さなことでも、なんでも。

あなたのご自宅に合わせた、最適な収納計画をわたしがご提案します。

たかが収納、されど収納です!